前へ
次へ

遺品整理がなぜ必要なのか

遺品整理がなぜ必要なのでしょう。
それは第一に、遺産相続問題があるからでしょう。
もちろん、大切な人が愛用していた品があれば、誰もが供養の意味も含めて手元に持っておきたいもので、形見分けの意味に捉えられています。
亡くなった人が父親や夫であれば、奥さんや子どもに財産を残している可能性も否定できません。
遺品整理をしていたら、遺言書が発見されることもあります。
遺言書がなければ、遺産はすべて相続人が引き継ぎますが、複数の相続人がいれば、遺産分割が行われます。
分割ということからも、遺品整理はますます重要性があるものになります。
プラスとなる遺品ならば有りがたいものですが、中にはマイナスとなる遺品の存在もあるかもしれません。
例えば、借金があり、督促状が見つかることもあります。
もちろん、整理していれば預貯金が出てきたり、宝石や美術品、骨董品が出てくることもあります。
そうした品を整理しなければならないため、プロに整理を頼むのも有りでしょう。

Page Top